« 災い転じて福となる | トップページ | 今日も足らない台 »

2011年7月14日 (木)

百裂の正しい打ち方

またヤラれた。
慶次/剛掌同様、または、それ以上に「決して粘って出す台ではない百裂」。
前回は等価で22回の台だったが、今日は42玉で30回位の台。
釘バカ開きのホールが多いと思ったけど。
・もう客も(勝つのが難しいと分かってて)飛んでるとこ多いし。
・釘締めようが/開けようが、出る台は固めて出るし、嵌まる台はトコトン。
・約1/300の確率っつーても、早い当たりは出玉無しの2R/8Rに偏ってますから。
・更に、毎度毎度2R/8R静かにスルーされまくり。

MAX機同様、いやそれ以上にオスイチ勝ち逃げ機種です。
百裂3万発も経験有るけど・・・。
大きい連荘&早い引き戻し繰り返す台のみ、そういう状態の時は打ち続けたら良いだけのこと。

‥とか言っても、ネタに困った時は、(釘開いてるんで)今後も「ギャンブル」勝負してしまいそうなんだよね。(>_<)

◆A店
百裂
-500円

北斗の拳 百裂
(前々日21回/前日0回/本日0回で15回転の台)
-21500円
563回転
○「7」←「?」(忘れる)
百裂ランプ「緑」+疑似連*2回+ユダ(vsレイ)R
16R*5回/6R*2回
240回転
○「2R」
214回転
○「6R」
※毎度毎度死ね (-"-;)

※持ち玉をもって台移動

※百裂/沖縄2各1台ずつ打って当たらずヤメ

交換2313個
両替5500円

Total収支-16000円
今月Total+78600円
(5勝7敗)

110714_204301

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 災い転じて福となる | トップページ | 今日も足らない台 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443635/40826887

この記事へのトラックバック一覧です: 百裂の正しい打ち方:

« 災い転じて福となる | トップページ | 今日も足らない台 »